栄養補給の大切さ

祖父母や更にその前の代までさかのぼっても代々身長が低い我が家の家系。

もちろん我が家も例外ではなく、両親共に150センチ台の身長で、兄弟も子供の頃から他の同年代の子供に比べると明らかに背が低く、身長に対して強いコンプレックスを持っていました。

そんな兄弟を見て育った私は、何とかして少しでも身長を伸ばそうとカルシウムが多く含まれる牛乳をたくさん飲んだり、その牛乳の中にもカルシウムをアップさせる栄養補助食品を入れたりと工夫をしていました。

更にはカルシウムとカルシウム吸収を良くすると言われているビタミンDを積極的に摂るためにサプリメントも小学生の子供ながら毎日摂っていました。

ストロベリー風味でポリポリと噛んで食べる事ができたので、薬を飲むのが苦手だった私でもお菓子感覚で食べる事ができ、その成果があったのか現在では身長は158センチで、遺伝から想像するより高い、一般的な女性と変わりないほどの身長に伸びました。

おそらく牛乳を飲んだり、サプリメントでカルシウムを補給していなければこんなに身長は伸びなかったと思うので、栄養補給の大切さを学びました。